中高一貫校の受験を決めたのは息子。

我が家の周辺は、公立中学があまりいい噂がないせいか中学受験が一般的です。だいたい小学校4年生あたりから、公立に行くか私立に行くか悩んだり、志望校選びと受験対策が始まるのですが、うちは息子が私立に行きたいと言うので、中学受験を決めました。志望校を選ぶにしても、まず大事になったのは中高一貫校に行くか、中高一貫校とは少し違う大学の付属中学校へ行くかでした。
中高一貫校へ行くと後は楽ですし、周りと合えば途中編入も少ないため環境が変わることなく楽しいのでしょうが、学校と合わなければ厄介なことになると思い、色々とオープンキャンパスや説明会を巡りました。私立に行くならば、中高一貫校ではなくても環境はある程度固定されてしまうので、学校選びが本当に重要だと感じました。学校全体の雰囲気や来ているお子さんやご両親の雰囲気を見て、子供自身に決めてもらうことにしました。説明会を通じて友人も出来たらしく、その子達と一緒に中高一貫校の受験を決めていました。勉強ももちろん大事ですが、それよりも合格した先が一番大切です。息子は今本当に楽しそうに通学しています。